収益物件とはなにか|一戸建てでもマンションでも

男女

目的に合わせた工事プラン

一台の車

都市部の駐車場経営では立体的な施工プランが最適であり、発注するときには技術力が優れた業者を選ぶべきです。地域のニーズを調査して最適な経営プランを構築するべきであり、特にエリアや時間帯に合った料金を設定するのがポイントです。

もっと読む

不動産と賃貸契約

男の人

不動産経営をしているオーナーにとって、家賃の滞納は収入が減少してしまうため大きな問題です。これまでは保証人を立てるのが一般的でしたが、最近では賃貸保証会社を利用することで家賃の回収率を上げることができるようになりました。

もっと読む

副収入を作ってみよう

集合住宅

給料以外に副収入を得たいと考えているのであれば、投資用マンションを保有して家賃収入を得ることを検討してみるとよいです。株式投資やFXほどリスクが高くなく、また、借入を利用すれば200万円程度で始めることができます。

もっと読む

マンション運営のノウハウ

マンション

修繕積立金に注意

大阪の不動産では一戸建て住宅だけでなくマンションなどの収益物件も扱っています。マンションやアパートを購入して運営すると収益を出せるため、副業として使っている人は結構いるのです。自分も住める物件なので副業ができてさらに住処も手に入れる事ができます。かなり便利な収益物件ですが、購入前には修繕積立金も想定しないといけないのです。マンションは定期的にメンテナンスをして状態を維持しないといけません、それにはお金が必要になるため、それが修繕積立金なのです。最低でも大体20年一回は行うことになり、結構膨大な費用が必要になります。それに使うのが修繕積立金であって、これは別に必要です。修繕積立金は定期的に管理組合に支払うものなのでこれも想定して利益が出るか選定しましょう。

サブリースが便利

大阪の物件を購入して運営する場合、サブリースを利用して運営する方法があります。これはサブリース会社にすべての工程を委託して行うもので、副業などをしている方にとってはかなり便利なものとなっているのです。例えば入居者に募集などをすべて行ってくれて、家賃保証なども付帯しています。家賃保証は最低ラインが儲けられており、これを下回った場合は足りない差額分を支払ってくれるものです。ちなみにサブリースにて支払ってくれる家賃保証はそれぞれのサービスによって異なります。大阪は基本的に空室が発生しにくいエリアです。都心部に近い場所の物件なら、空室が発生する可能性はかなり低いでしょう。しかし万が一発生した場合、他の地域に比べてもマイナス幅は大きくなってしまいます。物件を収益物件として安定させるためには、空室が発生しないよう保険をかけておきましょう。サブリースを利用したり、大阪エリアの不動産情報誌に情報を載せたりといった対策によって、収益物件はより安定性を高くすることが出来ます。